お湯の記録と評価     山形県

                   蔵王温泉   大露天風呂              

泉  質  酸性・含鉄・硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物
施  設  男女別  露天風呂のみ
T E L  023−694−9417
営業時間  例年4月下旬〜11月上旬 冬季閉鎖
 6:00〜19:00 (変更あり)
日帰料金  450円 (宿泊した宿の割引チケット 300円)
評  価  ☆☆☆☆☆
2009年 9月19日

蔵王温泉大露天風呂は、温泉街から坂を上がること15分ほど、温泉街の一番高い所にありました。駐車は60台ほどできるスペースがあります。
宿泊した「かわらや旅館」の女将さんに露天風呂の場所を教えてもらい、朝の5時30分ごろに宿を出発しました。
早朝の散歩がてらにと思って歩いて行きましたが、あの坂道は少々キツかった。(車で来るべきだと後悔・・・)

この露天風呂は1987年に狭い渓流に沿って階段状の露天風呂が造られ、今では蔵王温泉の名物露天風呂となっています。上流部に女性露天風呂が2段、下流部に男性露天風呂が2段、中央に脱衣所と休憩所、受付の小屋からなっています。
露天風呂の上段の湯はやや熱め、下段はほんの少し温めになっています。湯船全体に硫黄の成分がこびり付いており、湯量が豊富で掛け流しされています。朝一番に谷川の音を聞きながら湯に浸かるのは最高の気分でした。
男性露天風呂
男性露天風呂
高校の修学旅行で訪れた時、強風と小雪の悪天候のため見れなかった蔵王のお釜、36年後に初めて見ることができ感激!