お湯の記録と評価     青森県

                    蔦温泉   蔦温泉旅館              

泉  質  ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩・塩化物泉
施  設  男女別内湯のみ  内湯・久安の湯は男女時間で入れ替え
T E L  0176−74−2311
宿泊料金  別館宿泊  1泊2食 9;,600円
日帰料金  9:00〜16:00   500円
評  価  ☆☆☆☆☆
2009年 9月21日
蔦温泉旅館の所在は青森県十和田市奥瀬蔦野湯1番地

久安3年(1147年)には既に湯小屋があったと文献に残る蔦温泉。
名の由来は木に絡む「ツタウルシ」が沢山あったことから、付近に山菜の「ワラビ」が沢山採れる場所があり、その「ワラビ」がアイヌ語では「ツタ」と言われることなどから様々な説があるが、どれが本当であるかさだかではないそうです。

明治42年(1909年)共同管理の湯治場から旅館へと形態を変え、数々の増改築を経て現在に至っている蔦温泉旅館はトチ、ブナ、ツタをふんだんに使った木造り。

本館、別館、西館の宿泊棟からなるブナの原生林に囲まれた一軒宿です。
我々夫婦は別館に宿泊しました。別館へは階段を延々と上がると、別館のロビーに着きます。このロビーで宿帳を記入します。部屋に行くのには更に階段を上がります。この階段は何段あるか後で数えました。階段数は86段もありました。
別館での宿泊は年配の方、足腰の悪い方は避けた方が良いと思います。
上の写真は泉響の湯。 泉響の湯は男女とも青森ヒバで出来たお風呂 いずれも源泉の上に湯船があり足下から湧きだす
上の写真は久安の湯。 昔は混浴風呂で利用。現在は利用時間を男女別にして利用している。 女性21時〜翌8時 男性9時〜20時
本館受付から別館の受付まで上がった段数は86段