お湯の記録と評価     長野県

                   野沢温泉   大 湯           

泉  質  単純硫黄泉
施  設  男女別  内湯のみ
T E L  な    し
利用時間  4月〜11月 5:00〜23:00 
 12月〜3月 6:00〜23:00
日帰料金  無 料(賽銭箱に寸志)
評  価  ☆☆☆☆☆
2016年 10月12日
野沢温泉のある野沢温泉村には30余りの源泉があり、野沢組という村の惣組織が13の源泉を所有し、昔から源泉の管理や運営を行っています。
温泉街に点在している13の外湯は、村の人達の共有財産です。外湯はすべて源泉掛け流しされています。

江戸時代から湯仲間という制度によって守り続けてきました。管理がきちんとなされ、温泉はいつも清潔にされています。
村人達は毎日使う温泉です。入浴に際しては「もらい湯」の精神を忘れず、マナーよく利用しましょう!!

野沢温泉のシンボルとも言える大湯は、温泉街の中心にあり、江戸時代の趣を現在に伝える美しい湯屋建築です。開湯については定かでないが、地元では惣湯と呼んできたと言われています。(惣とは中世以来の農民による村落共同体のこと)

大湯のお湯の色は少しグリーン色をしています。
熱湯の温度は48℃ほど地元の人は水で薄めることなく平気に浸かります。ぬる湯の方も44℃ほどでぬる湯と言っても熱いです。
手前の湯船は熱湯:48℃ほど 手前の湯船はぬる湯・44℃ほど 手前の湯船は熱湯:48℃ほど
 
手前の湯船は熱湯:48℃ほど  手前の湯船はぬる湯・44℃ほど

2017年8月26日、夜9時ごろの大湯

2014年4月27日に訪れた大湯
女性浴室と湯船
女性浴室と湯船
男性浴室と湯船
男性浴室と湯船