お湯の記録と評価     長野県

                  野沢温泉  奈良屋旅館      

泉  質  単純硫黄泉  (自然湧出、自家源泉:奈良屋の湯)
 泉温 73℃  湧出量 119.05L/m
施  設  男女別  内湯・露天風呂
T E L  0269−85−2155
宿泊料金  1泊2食  16,500円
日帰料金  日帰り入浴の可否 未確認
評  価  ☆☆☆☆☆
2017年 4月 8日

奈良屋旅館の所在は長野県下高井郡野沢温泉村豊郷8736

天然記念物の源泉「麻釜」のすぐ脇にあり、麻釜通り建つ大正元年創業、100年の歴史を誇る木造民家造りの温泉旅館です。玄関を入ると目に飛び込んでくるのは大階段とピカピカの床。
館内の廊下には版画や絵画が飾ってあり、客室数10部屋と小さな宿です。

お湯は自家源泉、自然湧出(119.05L/分)、泉温73℃の奈良屋の湯が掛け流しされています。
男女別の内湯と露天風呂。利用時間は夜は23:30まで、朝は5:00より入浴できました。また、お湯の温度管理が完璧にされており、夜、朝とも適温のお湯に浸かることができ奈良屋のお湯を堪能させてもらいました。

今回宿泊した部屋は10畳の和室に広縁がついた造りとなっており純和風の落ち着いた雰囲気になっています。
食事は別室の食事処に用意され夕食、朝食はこちらで取りました。食事の内容は夕、朝食とも満足できるもので、朝食後には部屋までコーヒーを運んでくれました。

女将さんは若く、テキパキとされていますが親切な応対をされ、翌日には外湯めぐりや隣にある「ふるさとの湯」で入浴し、お昼前まで車を駐車させてもらいました。
野沢温泉は大好きな温泉地のひとつですが、野沢温泉でお気に入りの宿のひとつとなりました。

 
男性内湯と浴室 
男性露天風呂
男性内湯浴室と湯船
女性内湯と湯船
女性露天風呂
太い梁、ピカピカの床、絵画や版画が飾ってあり落ち着ける雰囲気が漂っています