お湯の記録と評価     長野県

                    野沢温泉  ふるさとの湯      

泉  質  麻釜源泉(内湯に使用)・真湯源泉(露天に使用)
施  設  男女別  内湯(あつ湯/ぬる湯)・露天風呂
T E L  0269−85−3700
営業時間  10:00〜20:00  木曜日定休
日帰料金  500円
評  価  ☆☆☆☆☆
2017年 4月 9日

麻釜温泉公園・ふるさとの湯の所在は長野県下高井郡野沢温泉村豊郷8734

「ふるさとの湯」は、「麻釜通り」にあり「旧健康温泉館のざわ」の跡地に2011年にオープンした14番目の外湯。
野沢温泉のシンボルである麻釜(おがま)源泉のすぐ近くに整備された麻釜温泉公園の中にあり、唐破風の堂々たる構えの建物。今回宿泊した「奈良屋旅館」の隣にあり、そして宿からの割引券(100円割引)を貰い、今回の入浴が3度目です。

14番目の外湯ですが、他の外湯との違いがあります。まず有料であること。シャンプーやボディーソープがありカラン以外にシャワーがあること。そして内湯と露天風呂があること。内湯は2つの湯船に仕切られ、あつ湯(44〜45℃)とぬる湯(42〜43℃)があります。

露天風呂には「真湯源泉」が注がれ、白濁していることが多いそうですが、入浴したこの日には真湯源泉でなく、麻釜源泉を中心とした混合泉が注がれ白濁していませんでした。

野沢温泉の外湯や宿の湯は熱いことが多いのですが、こちらのあつ湯には、あつ湯が苦手な家内も問題なく浸かれたようです。

男性内湯浴室と湯船
男性露天風呂
女性内湯浴室と湯船
女性露天風呂
浴室前の暖簾 4月8日午後の外観 4月9日朝・宿泊している奈良屋旅館から撮影