お湯の記録と評価     長野県

                  乗鞍高原温泉  せせらぎの湯      

泉  質  単純硫黄泉  (湯川源泉) 46.4℃ ph3.12
施  設  男女別  半露天風呂のみ
T E L  な  し 
開放期間  4月末〜11月末  9時〜日没まで
日帰料金  無 料
評  価  ☆☆☆☆☆
2017年 4月29日

せせらぎの湯の問い合わせ先 のりくら高原案内所 電話 0263−93−2147

湯けむり館の駐車場に車を停め、来た道を少し戻ると「コロナ連絡所前」と言うバス停の向かいの砂砂利を50m程下ると小さな小屋が見えてきます。それが「せせらぎの湯」です。
内湯が1つで2人程が浸かれるサイズ。硫黄臭のする乳白色の硫黄泉です。

お湯の使用状況は、加水なし・加温あり・消毒なしの掛け流し。
湯船の温度を保つため加温が必要なため、入口付近に小さなボイラーと燃料タンクが置かれています。燃料代も掛かるだろうに無料とは有り難いです。
管理人が常駐している湯小屋ではないので、こちらを利用される時にはマナーを守り、感謝の念をもって利用したいものです。

ゴールデンウイークの時期には宮の原や一の瀬園地付近で水芭蕉を見ることができます。
今年、4月29日時点では、一の瀬園地付近では水芭蕉をあまり見ることはできませんでしたが、宮の原では水芭蕉の群生を見ることができました。

女性湯船
男性湯船

宮の原水芭蕉群生地の水芭蕉
一ノ瀬園地から見た乗鞍岳 湯けむり館前から見た乗鞍岳