お湯の記録と評価     群馬県

                       川古温泉  浜屋旅館      

泉  質  カルシウム・ナトリウム-硫酸塩温泉
施  設  内湯3ヶ所(男・女・混浴) 混浴露天風呂
T E L  0278−66−0888
営業時間  10:00〜16:00
日帰料金  1,000円
評  価  ☆☆☆☆☆
2013年 6月28日

浜屋旅館の所在は群馬県利根郡みなかみ町相俣2577

みなかみ18湯のひとつ、国民保養温泉地にも指定される川古温泉・浜屋旅館は赤谷川の渓谷に面した1軒宿。
古くから「川古の土産はひとつ杖を捨て」と言われる湯治目的の名湯として知られ、ぬるめの温泉に長く入浴することで高い療養効果が得られるそうです。

お風呂は男女別の内湯、混浴の内湯、混浴露天風呂があります。
源泉温度が39℃ほど。ここでは内湯も露天風呂もすべて加温することなく、掛け流しされています。
湯は無色透明、僅かに石膏泉の匂いがしますが、ほぼ無味無臭で透明度が非常に高くきれいに澄んだお湯でした。

男女別の内湯もぬるめのお湯がかけ流しされており、源泉は敷き詰められた小石のところから注ぎ込まれていて、一見すると足元湧出のように感じます。混浴露天風呂は広々とした岩風呂で、女性もそれほど抵抗なく湯に浸かれると思います。

混浴露天風呂は20人が浸かれるサイズ、みなさん1時間以上浸かっているそうです
3人が浸かれるサイズの混浴内湯
3人が浸かれるサイズの男性内湯
4人が浸かれるサイズの女性内湯